墓地選びのチェックポイント

人が亡くなるとお墓を建てないといけないですよね。お墓を建てるとなると、墓地の場所、墓石のデザイン等様々な事を決めなければ行けません。
後々困らないようにチェックしておくべきポイントはしっかりとチェックしましょう。

どんなところに注意すれば良い?

亡くなった人が安らかに眠るためには、お墓選びはとても大切なことなのです。
墓地を選ぶ時にはまず立地条件を確認しましょう。
自宅から遠すぎたり、公共の交通機関では通いにくい場所等は避けた方がいいでしょう。
自宅からすぐ通えるところが一番ベストでしょう。
駐車場からの距離や地形の勾配も注意するべきところです。
次に周囲の環境も重要です。
ythr
日当りや水はけ、風通しがいいに越した事はありません。
気持ちよく墓参りが出来るような場所を選びましょう。
霊園の反対運動が行われている地域などもありますので、安心して墓参りに来れる場所かどうかもチェックしておきます。
地盤が弱くないか、耐震性あるかなども事前に調べておきましょう。
それらの項目をクリアしていたなら、今度は墓地の施設や管理体制をよく見ておきましょう。
駐車場や休憩所、トイレなどの設備がきちんと整備されているか、定期的に手入れがされているか、というのを実際に墓地を歩いてみながら確認するのがいいでしょう。
緑地が整備されていなかったり、施設の掃除が行き届いていない場所などは、どうしてもその後の管理を任せるには不安が残ってしまいます。
また、バリアフリーに対応しているかどうかも見ておくといいでしょう。これも大切なことです。
墓地が決まったら次は石材店です。
質問にはっきりと答え、要望をきちんと聞いてくれる業者を選びましょう。
お墓を建てるまでには何度も相談する事ができて、アフターケアもしっかりしているところが理想的です。
墓地によっては石材店が限定されている場合もあるので、どの石材店に頼めば安心できるか事前に下調べもしておきましょう。
同じ墓地の紹介する石材店でも、その技量には大きく差があり、担当によっても変わってきます。
墓地に石材店や担当を紹介される前に、自分で指定された石材店を訪問し、事前に話を通しておく事で自分にあった担当と話を進める事が出来ます。
お墓は決して安くない買い物です。

まとめ

業者まかせにせずに、意見をはっきり通す事で希望通りのお墓を建てましょう。
亡くなった方を安らかに眠らせてあげるにはお墓が必要です。適当にお墓を選んで建てるだけではなく、しっかりと亡くなった方のことを考えてお墓を建ててあげましょう。

関連する記事

  « 前の記事: を読む