お墓選びの基礎知識

近年では、生前に自分の入るお墓を自分で選び、納得のいくものを建てておく事が多くなってきています。
お墓とは代々受け継がれていくものでしたが、核家族化が進む中でそのような風潮は段々と薄れてきているのです。
しかし、自分でお墓を考えるといっても何を基準に選んでいいのか分からない。

お墓の選び方

今回は、お墓を考えるにあたって必要なちょっとした基礎知識をご紹介させて頂きます。
まず、お墓は管理団体によってお大きく三つに分ける事が出来ます。
一つ目は公営墓地、都道府県や市町村等の地方自治体が管理運営しています。
価格、管理料共にお手頃な値段であり、地方自治体が管理している事で安心して任せる事が出来ます。
しかし人気が高い事に加えて、数も多くないため年数回しかない募集時の倍率が非常に高く、審査条件もそれなりに厳しい物になっています。
二つ目は民営墓地、宗教、宗旨を問わず利用できる所がほとんどで、場所や周囲の環境、施設、墓地区画の広さ、お墓自体のデザインなど様々な選択肢から自分にあったものを選ぶ事が出来ます。最近ではバリアフリーに特化したお墓や、各施設が充実している霊園など、サービス面も大きく向上しています。しかし、公営墓地に比べると若干割高になってしまう事がほとんどと言えるでしょう。
三つ目は寺院墓地、基本的には檀家や信徒向けであり、多くの場合同じ敷地内に本堂があるので安心感があります。法事と墓参りを同時に行えたりと便利な点もありますが、寺院の宗教に改宗しなければ利用できない事が多いです。宗教不問の寺院墓地も少数ながら存在しますが、後に檀家になってくれるよう頼まれたりする場合もあるので注意が必要です。
しかし宗教との関係が密になるために、代々手厚く祀ってもらう事が可能で、管理にも心配がいらなくなります。逆に寺院主催のイベント等に参加する必要も出てくるので、相性が重要と言えるでしょう。

まとめ

一口にお墓と言っても管理団体によりその特色には差が出てきます。
自分のニーズにあったお墓を選びましょう。

関連する記事

次の記事: を読む »