お墓のお引っ越し

お墓の場所が家から離れているのでなかなかお墓参りに行く事が出来ない、郷里のお墓を身時かな場所に移したい、継承者がいない、など様々な理由でお墓のお引っ越しを望む方が近年増えて来ています。

増えているお墓の引っ越し

地方の過疎化、少子化が遠因にあるために増加傾向にある改葬希望ですが、新しくお墓を建てる時とはまた違ったポイントに樹を使う必要が出てきます。
では、どのような事に気をつければいいのでしょうか。
最初に言っておきたいのは、引っ越しの際に現在のお墓の一切合切を移動する事が出来るわけではない、という事です。移動する事が出来るものは基本的に石碑とお骨壺のみである場合がほとんどです。納骨棺や周りの石材は移動せず、石碑移転後その区画は更地に戻される事になります。
なお、返還することになるお墓の永代使用料は原則として返還されません。
次に、改葬を行うにあたってかかる費用についてです。
まず、お墓を解体、処分する事に費用がかかります、石碑を移動させる場合はその運搬費も加わります。
今までお世話になった墓地に対して閉眼供養にお布施を包み、新しい墓地に対して永代使用料、管理費を支払います。
新しい墓石を建てる必要もあり、開眼供養にもお布施を包みます。
お墓のサイズや石材の種類、地域事情により金額の差異は生まれるので、必ず現地調査を行い見積もり書を発行してもらった上で予算に合わせて検討を行いましょう。
悪質業者につかまってしまえば、必要以上に経費をとられたり、品質が悪かったりと、後々のトラブルに発展してしまう事があります。その地域で長く営業を行っており信頼と実績のある石材店を選ぶように注意しましょう。

まとめ

料金を明示していない業者や、現地調査を行わずに見積もりを出す業者、逆に見積もりを出そうとしない業者などは利用を避けた方が無難かもしれません。
地域や墓石の種類の適正価格を事前に調べておく事で、悪質業者を回避できるでしょう。
事前調査をしっかり行う事で安心して改葬を行えるようにしましょう。

関連する記事

  « 前の記事: を読む   次の記事: を読む »