お墓のリフォーム、メンテナンス

お墓は耐久性が高く造られてはいますが、長い年月がたてば風化し、欠けたり、石材のはずれも生まれてしまいます。

お墓のメンテナンス

また自然と貯まっていく水あかや黒ずみなど、お墓参りの度に丁寧に手入れしていてもどうしても取れない汚れも増えていってしまいます。
お墓をより良い状態で次の世代に引き継ぐための方法をいくつか紹介させて頂きます。
風化し損傷が激しくなった墓石は、新しいものと交換する事が出来ます。もちろん予算に応じて、石塔のみ交換や、外柵だけを新しくする事も可能です。基本的な配置はそのままに灯籠などの装飾品のみを追加する事も出来ます。
墓所に雑草が生えないようにしたり、水がたまらないようにするなど、後々のメンテナンスを考えたリフォームも近年増加しています。
リフォームする程ではないけど長い年月をかけて蓄積した汚れを綺麗にしたい場合は、クリーニングを請け負ってくれる業者に相談するといいでしょう。
手ではどうしても落とせない汚れを、石材の種類、汚れに応じた手法で綺麗にしてくれます。
汚れが落ちるだけでなく、くすみをなくし、艶をよみがえらせる事も可能であり、薄くなっていた家紋の色なども再度付け直す事ができます。
リフォームにしろ、メンテナンスにしろ、墓石の種類や状況によって対応策は変わっていきます。また依頼する側の要望がしっかり伝えられなければ、綺麗になっても納得できないままになってしまいます。
業者によって出来る事と出来ない事、得意な事とそうでないものも大きく差が出て来てしまうので、今までの事例を確認したりデザイナーと綿密な打ち合わせをとる事で、そのような事態にならないようにする事が大切です。

まとめ

料金にしても事前に相場や予算を考えた上で、納得のいく業者に依頼する必要があります。
どのような行程で修繕し、どのくらいの期間きれいな状態を保てるのか、どのようなメンテナンスが最適なのか、業者と良く話し合った上でお墓の修繕を任せるようにしましょう。

関連する記事

  « 前の記事: を読む   次の記事: を読む »