墓石のデザイン

お墓は一生で何度も買うものではありません、購入時にはデザイン、価格、メンテナンス性など、購入後の事も考えておかなければなりません。

オリジナルのお墓

日本では昔から和型の墓石がなじんでおり、今でも四段構造の和型墓石を選ぶ方が多いです。
しかし最近ではお墓の形も大きく変わって来ています。
まず首都圏を中心に洋型のお墓が増えて来ています。霊園が明るさを重視したものが増えつつある中で、和型よりも低く安定感のある洋型の墓石は視界が開けて明るい雰囲気を感じやすいため選択されるようになりました。
また、オリジナルの墓石というのも最近の流行の一つです。
石材加工技術の向上によって、四角ではない様々な形の墓石が作成可能になったため、独自性、ユニークさを求めてオリジナル墓石を求める人が増えているのです。
墓石の色や表面加工、刻む文字の書体や大きさを自由に変更する事が出来ますが、家族や子孫の事を考えてデザインする事が重要です。
洋型の墓石も、刻む文字が家名や宗派にとらわれず決められる場合がありますが、それを見た人がどう思うか、共に入る事になる人がどう感じるか、考慮しなければなりません。
もっとも、墓地によっては文字の刻み方や形などがある程度制限されている場合もあります。
どうしても譲れないポイントがある時は、そういった観点からお墓選びをしてもいいかもしれません。
形や、書体に加えて、墓石を建てる時は石材の種類も非常に重要になってききます。
石材店でサンプルを見せてもらう事が可能ですが、必ず完成品まで見せてもらうようにしましょう。同じ種類の石材で実際に墓地で使用されているものを見る事もおすすめです。
設置した時のイメージが湧きやすく、長年使用する事でどのような状態になるのかを知る事が出来るからです。

まとめ

長く使う上でどのようになっていくのか、手入れのしやすさはどうなのか、といった点をしっかり確認した上で、お墓をデザインしていく事でより理想に近く、後からも愛される墓石がつくれるのではないでしょうか。

関連する記事

  « 前の記事: を読む   次の記事: を読む »